消費税10%スタート!おすすめキャッシュレス決済は?

この記事は約5分で読めます。

 2019年10月からいよいよ始まりました、消費税10%!!
 皆様、増税対策はおすみでしょうか?
 まだという方、そんな皆様にお得な情報です。
 少しでも家計を助ける、そんな方法をお教えいたします。

今からでも遅くないキャッシュレス

 そもそも、キャッシュレスって何ですか?
 キャッシュレスとは、簡単に言うと、現金を使わない支払方法の事を言います。
 主に、クレジットカード電子マネーの事をいいますね。

キャッシュレス消費者還元事業

 国の政策(消費者還元事業)により、こちらのポイント還元店舗で、キャッシュレス決済でお買い物をすれば、ポイント還元されます。
 ポイント還元って何ですか?
 ポイント還元とは、キャッシュレス決済した際の金額に応じて、最大5%ポイントで返ってくる制度の事を言います。ポイントは、現金と同じように使って、お買い物をすることができます。
 普通に現金でお買い物をするよりも、キャッシュレス決済でお買い物をした方が、ポイントで返ってくるので、とてもお得です。

キャッシュレス決済対象サービス

 キャッシュレス決済の対象サービスは、主に、クレジットカードと電子マネーですが、対象となる会社は、ものすごくたくさんあります。

登録されている消費者向けサービスを探す | キャッシュレス消費者還元事業
2019年10月1日の消費税率引上げに伴う需要平準化&...

 これだけあると、どこの会社がいいのかわからないですね(笑)

クレジットカード持ってないし、電子マネーとかよくわからない。』

 大半の方がそうだと思います。選択肢が多くて余計わからないですね。
 それでも、どれかを選んで始めないと損をし続ける事になります。

 今回は、クレジットカードについてご説明いたします。

 クレジットカードは、安心と信頼の実績があり、不正アクセス・情報流出等のネットに繋がったデメリットが無く、スマートフォンの操作が出来なくても利用できます。

 スマホの操作が苦手な方に、クレジットカードは、おすすめです。

安心と信頼の実績

 クレジットカード使用歴20年以上。今まで一度も不正使用にあったことがございません。
 そして、万が一紛失した場合でも、直ぐに電話対応してくれます。
 こうした長年の安心と信頼の実績があるのがクレジットカードです。
 当然、使用上の注意を守った上での話です。

クレジットカードの注意点

 クレジットカードを使用するときは、下記の注意事項を守りましょう。

1.店頭で暗証番号を押さない。

 店頭でクレジットカード決済をすると、端末に暗証番号を押してくださいとよく言われます。

 これは、絶対に断ってください。
 なぜなら、『周りから丸見え』だからです。

 『サインでお願いします。』と言ってください。
 サインした用紙は、カード会社に送られ保管されます。
 不正使用されても筆跡や名前が違えば防ぐことができます。

2.使ったお店を覚えておく

 毎日家計簿をつけると良いのですが、忙しいとなかなかできません。
 なので、少なくとも、クレジットカードを使ったお店を覚えておきましょう。
 高額な決済が発生した場合、クレジットカード会社から問い合わせの連絡が来ます。
 それに答えられるように控えをとっておいたりしましょう。

3.借金地獄に落ちないように

 クレジットカードには、使用限度額を設定できます。
 ですので、最悪のケースは、回避できます。
 しかし、クレジットカードなどの後払いを使用する人は、必ず自分の口座の残高や毎月の収支を頭に入れておきましょう。
 クレジットカード会社がすすめる『リボ払い』は、おすすめしません。
 絶対に、クレジットカードを使用する際は、自分の資産管理を徹底しましょう。

 追記:言い忘れましたが、クレジットカードは、1枚で十分です。1枚にポイントを集中させましょう。複数枚持つと使用状況の把握が難しくなり、紛失等のリスクも高まります

キャッシュレスポイント還元対象カード

 クレジットカードのポイント還元対象サービスは、かなりの数があります。
 例えば、イオン・オリコ・エポス・ドコモ・ツタヤ・JAL・ANA・アメリカン等々。
 では、どこのクレジットカードを選べばよいのか。
 一番は、『自分が一番利用しているお店で使えるクレジットカード』です。
 せっかくポイントを貯めても、使える店舗がないと意味がありません。
 日々利用しているお店に問い合わせてクレジットカードを作る事をおすすめします。

 ちなみに、楽天ヘビーユーザーの私がおすすめするのは、当然、楽天カードです。
 おすすめする理由は、

  1. 国の消費者還元事業によるポイント還元店舗でのポイント還元
  2. 楽天カード使用時に得られるポイント
  3. 年会費永年無料の楽天カード
  4. ポイントを使える店舗が一番多い
  5. どこでお買い物をしてもポイントが貯まる。

 楽天カードは、どこでお買い物をしても、金額に応じてポイントが入ります
 また、ポイントを使えるお店も多く、例えば、ガソリン給油の時、ポイントを使えるし、金額に応じてポイントも入ります
 貯めたポイントを楽天市場をはじめ楽天グループで使用できます。
 また、下記に掲載されている店舗でも使用できます。

楽天ポイントカード: 使えるお店
楽天ポイントカードが使えるお店を紹介!楽天ポイントカードは、ポイントが貯まる・使える楽天のポイントカードです。

最初は、私も『ポイントなんて貯まらない』と思っていました。
でも、あらためて今まで貯めて使ったポイントを見てびっくりしました。

私の楽天ポイント

楽天カードを使い始めて10年ちょっとですが、74,827ポイント貯めて使ってました。(自分一人の分です。)

 ポイントが使える店舗が多いのと、どこでもポイントを貯められるのが、楽天カードです。
 家計の固定費の支払いを楽天カードで決済すれば、それだけでも毎月多くのポイントが入ります。そのポイントで生活必需品等を買えれば、すごく助かりますよね。
 私の場合、子供の服やおもちゃは、ほとんどポイントで買いました。あと自分の趣味の物だったっり(笑)

 カードの利用状況ポイントの確認電話・パソコン・スマホで簡単にできます。
 カードを使うたびにメールが届くので安心して利用できます。

 もし、どこのクレジットカードにすればいいのか悩んでいたら、とりあえず、年会費もかからない、楽天カードをおすすめします。
 長年楽天ユーザーをしている私が自信をもっておすすめします。

  楽天市場の公式サイトでも詳しく載ってますのでご確認ください。

キャッシュレスポイント還元!クレジットカード決済で楽天市場のお買い物が5%還元
キャッシュレスポイント還元とはキャッシュレス化の推進を目的に経済産業省が主体となって実施する補助金制度です。消費税率引き上げ後の2019年10月から9か月間、楽天市場では対象ショップでのクレジットカード決済でお買い物金額の5%が還元されます。

 ご質問等ございましたら、下記よりお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました